上空から望む種子島

種子島の概要

種子島は、鹿児島市から南へ約115kmの位置にあり、周囲約166km、標高の最高点が約282mとなだらかな丘陵状の地形をした、南海に浮かぶ美しい島です。

鹿児島本土から種子島へは、鹿児島空港から飛行機で約30~40分、鹿児島港からトッピー・ロケットで約95分かかります。

安納芋やサーフィン、鉄砲伝来の地、そしてロケットの打ち上げが行われる島として有名です。

種子島の島のフォルム

お茶栽培に適した風土

年間平均気温約20℃、年間降水量2,000~2,500mmの温暖な亜熱帯性気候で、夏から秋は台風、冬から春にかけては強い季節風が吹き抜けます。

心地よい海風が吹き、一面を覆う朝霧が発生する種子島の風土が、お茶の旨みをたっぷり引き出します。

朝霧に包まれる種子島の茶園